犬の白内障について

犬の白内障について

ペット 白内障

白内障は、眼球の水晶体のが白く濁ってしまうことで、視力低下を引き起こす眼の病気です。

 

白内障の恐ろしいところは進行は遅いものの、そのまま放置すると失明してしまうことです。
白内障といえば人間の場合は高齢者に多い目の病気とされていました。

 

犬の場合も白内障は今まで老犬に多いと思われてきましたが、
遺伝的なものや、乱交配による先天性疾患により
最近では若い犬でも頻繁に見られるようになってきました。

 

パグ、マルチーズ、トイプードル、ダックスフンド、ダルメシアンなどの犬種は白内障に比較的なりやすいと言われています。

 

犬の白内障の原因

人間の場合の白内障は高齢による代謝疾患が原因とされています。

 

犬の場合も高齢や糖尿病などの代謝性疾患により白内障になる場合が多いのですが、
最近では犬種の改良などにより、
犬としての本来の身体の構造とは異なってきていることも原因の一つとも言われています。

 

パグやマルチーズの場合は眼球が空気に触れやすく、酸化されやすいことも原因とも考えられています。
ただし犬の白内障の原因についてはまだまだ解明されていない部分も多く、

 

飼い主さんが普段から犬の健康状態を見守ることで、
仮に白内障なってしまった場合でも対処できるようにすることも大事です。

 

※白内障には生まれつき白内障になっている「先天性白内障」などもあります。

 

シーナックやキャンC(CAN−C)に含まれる「Nアセテルカルノシン」は
白内障の進行を遅らせたり、改善させるということで欧米で研究されてきました。

 

犬だけではなく、人間の白内障にも効果があると言われ、
現在アメリカやヨーロッパでは白内障に悩む人に購入されています。

 

現在シーナックやCAN-Cは日本では一般に販売されていないため、通販などの輸入代行で購入が可能です。

 

シーナックを格安通販で入手されたい方はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
シーナック 白内障
>>ペット薬公式サイトへ